「ウッドデッキと四季の樹木(中川木材産業)」のホームページ紹介

木のサイト
お住まい
生活全般
ビジネス
趣味
旅行
建築、ブログ
グルメ・食品
ネットショップ p-1 p-2
教育・ボランティア
その他

家具

 −住まいー

住まいの情報サイトのwebサイトをご紹介します



ウッドデッキと四季の樹木TOPへ戻る


ウッドデッキ  ちょっと一息、ウッドデッキと木の豆知識

ハードウッドとソフトウッドの違い
最近ハードウッドのウッドデッキが使われることが多くなっていますが、このハードウッドと言う意味は広葉樹の英語訳です。それに対して針葉樹のことを英語でソフトウッドと言います。日本人は物を表す際にその形で表現することが多く、欧米人はそれを機能で表現することが多い例の一つです。ハードウッドの中でも熱帯雨林のハードウッドは耐朽性の高いものが多く、特にボルネオ産のウリン材(アイアンウッド)はハードウッドデッキの中で最も耐朽性のある木材として知られています。実際にJISの腐朽促進試験をすると合成木材(木粉と樹脂を混ぜたもの)のウッドデッキ材よりも腐りにくいことが分かっています。それに対してソフトウッドは主に温帯林の木材が主ですが、ウッドデッキに使われる木材は腐朽菌が嫌う成分を持った桧、ヒバ、レッドシダー、セコイア等が使われます。加工がしやすく真っ直ぐな部材が取れるので、これらの木もウッドデッキの定番としてDIYでは好まれます。
生物学的に言いますと、恐竜の時代は地球上には針葉樹だけでしたが、そこから広葉樹が進化し、身の回りのほとんどの樹木は広葉樹が占めるようになりました。広葉樹は葉が広く太陽の光をたくさん集めることができ、言わば収入の多い木と言えます。その多い収入で木材の組織を硬くすることもできますし、果物も作ることができま す。しかし広葉樹の葉は大きいだけに維持費がかかるので、日照が少なくなる秋には 葉をリストラして落葉させますが、それに対して針葉樹は葉が細く、維持費も安いのでリストラまでせずに、少ない太陽からの収入で食いつなぎ、落葉せずに冬を越します。(常緑の広葉樹。落葉する針葉樹の例外もあります)